助成金 基礎知識 大阪 京都

大阪・京都 助成金申請サポートセンター|お問い合わせ
大阪・京都 助成金申請サポートセンターオススメ助成金助成金の基礎知識助成金一覧・助成金情報料金・スケジュールセミナー情報・タイアップ企画事務所案内・アクセス対応地域らくらく助成金診断大阪・京都 助成金申請サポートセンター
らくらく助成金診断
らくらく助成金診断

助成金の基礎知識


助成金とは融資と違い、国から支給され、また、国に返還する必要はありません
 ・国、金融機関等からの融資 ⇒ 返済義務あり
 ・国からの助成金 ⇒ 返済義務なし

ただし、助成金は申請しないと貰えません。つまり、知らないと貰えません
また、「こんな助成金が御社には当てはまりますよ」と誰も教えてはくれません。
今後は、きちんと最新情報を確認しましょう。

当センターで取り扱う助成金は、会社が支払っている雇用保険料を財源とする、厚生労働省関係の助成金です。
助成金を受給するための要件として、雇用保険に加入していることが前提となっています。
他には、府や県、市町村、中小企業庁関連の補助金等があります。


助成金を次のような理由で獲得を諦めていませんか?
個人事業主だから…
新規成長分野ではないから…
社会保険に加入していないから…
会社は始めたばかりだから…
就業規則を作成していないから…

あてはまる助成金や活用できる助成金は、もらすことなく、申請期限内に申請してもらいましょう。
だからといって、助成金が貰えるように何でも制度をあわせるのは、本末転倒です。
そのような場合、結局要件に当てはまらず助成金がもらえないということもありえます。

助成金の多くは、中小企業向けです。
原則として、次の表の「資本または出資額」「常時雇用する労働者数」のいずれかを満たす企業が
「中小企業」に該当します。

産業分類 資本または出資額 常時雇用する労働者数
小売業 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

※「中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金、両立支援等助成金(女性活躍加速化助成金)」の場合は、
業種や資本金の額・出資の総額にかかわらず、常時雇用する労働者が300人以下である企業が中小企業として
取り扱われます。

会計・税務上の取扱い

(1)会計上・・・・雑収入として処理
(2)税務上・・・・所得となりますが、消費税はかかりません。
※詳細な取扱いについては、税の専門家にご確認ください。


助成金を受給できる事業主の要件

各助成金の受給要件を満たすほか、次の1~3の要件を満たす必要があります。


助成金を受給できない事業主の要件

次の1~7のいずれかに該当する事業主は、助成金を受給することができません。

オススメ助成金
【業種別】オススメ助成金
介護事業所|おすすめ助成金
保育所|おすすめ助成金
歯医者・病院・クリニック・薬局|おすすめ助成金
IT・情報サービス|おすすめ助成金
税理事務所・士業|おすすめ助成金
製造業|おすすめ助成金
学習塾・予備校|おすすめ助成金
飲食店|おすすめ助成金
運送業|おすすめ助成金
建設業|おすすめ助成金
オススメ助成金
業種別オススメ助成金
介護事業所|おすすめ助成金整骨院|おすすめ助成金歯医者・病院・クリニック・薬局|おすすめ助成金IT|おすすめ助成金美容院|おすすめ助成金
製造業|おすすめ助成金学習塾・予備校|おすすめ助成金飲食店|おすすめ助成金小売・卸売り業|おすすめ助成金建設業|おすすめ助成金